トリプルエ-マシン 吸着式チラー 技術情報 商品情報 設 置 例

〔総合カタログ〕 〔LTC10e plus〕LTC30e plus
INVENSORホームページ

インベンゾー 吸着式冷凍機 [水気化熱式] 

水の気化熱を使う 吸着式冷凍機

 


低温の排熱で動く冷凍機です。 

インベンゾーの吸着式チラーとは?
  ● 65℃の温水があれば、10℃~15℃の冷水を電気を使わず(*)作れます。
   :
LTC 10 e plusLTC 30 e plus の2種類があります。
    (*圧縮機を使わない吸着式のため、クーリングタワー、ポンプ、制御に最低限の電気は必要です。)

 ● 電気COPは10
  :クーリングタワー・ポンプ・制御を含め、10kWタイプの場合、1kWの電気で
   10kW (**) の冷却が可能。

       (10kWの冷却=約3冷凍トン、36,000BTU/時間、約1万キロカロリー/時間)

 ● 太陽熱温水やガスなどのコジェネとの相性が最高。

 ● 省エネが進むヨーロッパで、規模の大小を問わず、

   データーセンターなどの省エネ・グリッド電源代替えの目的で広く使われています。

   
インベンゾー吸着式冷凍機導入のメリット?
   従来未利用の低温排熱太陽熱を利用することができるため省エネが可能です。
冷媒はで、特定フロンや代替フロンを使わない環境調和型の冷凍機を構築することができます。
圧縮機の代わりに吸着現象を利用するため騒音や振動が少ないです。
取り扱い主任者などの規制を受けず、メンテナンスが容易です。



インベンゾー吸着式冷凍機の仕組み


真空状態の蒸発器には冷水の通るパイプがあり、パイプ上にスプレーされた水が蒸発します。
このとき冷媒の気化熱で管内の水は熱を奪われ冷やされます。冷水が製造されます。
InvenSor 塗布熱交換器は、蒸発器からの蒸気を吸着します。
InvenSor 式熱交換器の内側に温水を通すことにより蒸発器からの水蒸気を吸着した吸着材を加熱します。
加熱された吸着材から水蒸気が発生し、発生した水蒸気は凝縮器へ移動します。
凝縮器の中には冷却水の通るパイプがあり、InvenSor 式熱交換器で発生した水蒸気はパイプ外側で 冷やされて になり蒸発器へ再び蒸発します。
InvenSor冷却水と温水を約5分ごとに入れ替えます。これで冷水を連続して作ることができます。


<大きさ・サイズ> LTC 10 e plus LTC 30 e plus
  長 さ 1,100 mm 1,560 mm
  高 さ 1,370 mm 1,845 mm
  幅 750 mm 800 mm
  重 量  440 kg 1,200 mm
  重 量 (FC*) 445 kg 1,205 kg

<配管取合> LTC 10 e plus LTC 30 e plus
設置面から 1,400 mm 1,905 mm

<代表的運転
:温度/水量条件>
LTC 10 e plus LTC 30 e plus
  温水入口 72 ℃ / 2,500 l/h 72 ℃ / 6,300 l/h
  冷水出口 15 ℃ / 2,900 l/h 15 ℃ / 6,600 l/h
  冷却水戻り 27 ℃ / 5,100 l/h 27 ℃ / 11,400 l/h
   
*FC : フリークーリング機能付き
FCタイプは、フリークーリング機能がついており、より多くの電力削減が可能になります:
外気温度が十分に冷えている場合、直接外気を使用し冷凍機の運転のために熱源を必要としません。
◆ 上記の仕様は全て循環水に水を使用した場合です。
コンパクトなレイアウトでポンプを
内臓したオールインワンタイプ


インベゾー社のプラスは低温の熱で駆動し冷熱を得られる
吸着式冷凍機です。

<全てのLTCシリーズで熱源温度が65以上で定格能力の約100%を出すことができます。>

LTCシリーズでは外気温が約35℃まで適しています。
35℃以上の場合はHTCシリーズをご検討ください。
(条件により異なる場合がございます。)

簡単な操作や設定給湯器モードのプリインストール
  冷却水や温水流量の調整による冷水温度の容量制御の設定はユニット前面についている
ディスプレイで簡単に調整できます。
  またディスプレイはマチルカラー、多言語仕様となっております。
また本機は給湯器モードが既にインストールされており、簡単に起動すること ができます。

高いCOPのインベンゾー製吸着式冷凍機
インベンゾー社のLTC 10 e plusは特にエネルギー効率に優れます。
高効率モードでのCOPは0.7に到達し、15kWまでの熱源をもつ小型のコジェネ(熱電気併給システム)に対応する 極めて高効率で理想的な組み合わせを提供します。 
→ パンフレットのダウンロード
10kWの冷却能力-圧力完全調整
  定格出力モードで10kw、高効率モードでは 9kWです。
強力な高効率ポンプ、ミキサー、バルブが搭載されています。
簡単な操作や設定 - ヒートポンプモード
  冷却水や温水流量の調整による冷水温度の容量制御の設定は、ユニット前面についているディスプレイで簡単に調整できます。
また本機はヒートポンプモードが搭載されており簡単に起動できます。
InvenSor ActiVac
  ActiVac により常に最適な圧力を維持できます。 メンテナンスは不要です。
LTC10 e plus - 圧力完全調整タイプ
  LTC10 e plus は高効率な運転ができるよう電子制御されたポンプを備えており、冷水・温水・冷却水配管をつなぐだけで運転できます。
LTC10 e plus - FC - フリークーリング機能付き
  FCタイプはフリークーリング機能により、さらに電力削減が可能になります。
外気温度が十分に冷えている場合、直接外気を使用し冷凍機の運転のために熱源を必要としません。


<性能比較曲線>LTC10 e plus

〔温水入口温度の違いによる冷却水温度毎の冷凍能力曲線(左)とCOP曲線(右)〕

〔温水入口温度の違いによる冷却水温度毎の冷凍能力曲線(左)とCOP曲線(右)
~どちらもHi-eFF(高効率)モード〕


〔冷水入口温度の違いによる温水温度毎の冷凍能力曲線(左)とCOP曲線(右)〕

 


→ パンフレットのダウンロード

幅広い冷却能力と高い効率

水の気化熱を使う吸着式チラーは低温の排熱で動く冷凍機です。
真空容器の中で冷水を作りますが、コンプレッサーを使ってないため、電気を全く使いません。
そのため、騒音は限りなくゼロに近いです。
バルブが圧力差により自然に開閉する音がかすかに聞こえるだけの夢のようなチラーです。
60~70℃の温水があれば、10~15℃の冷水を作ることができます。
冷媒は水ですので、フロン、臭化リチウムやアンモニアなどの有害物質を全く使ってない、きわめてグリーンな技術です。同じく真空下で冷水を作る吸収式と異なり、吸着材に水を吸着脱着させることで冷水を作ります。
冷却能力=10~35kw(3~10冷凍トン、9000~30,000KCal/hr)

10~35kWの冷却能力-圧力完全調整
  定格出力モードは10~35kW。
強力な高効率ポンプ、ミキサー、バルブが搭載されています。
簡単な操作や設定-スマートコントロール
  いろいろな用途や特別なご要望に対応するため、様々なオプションを提供する総合システムコントローラを備えています。
あらゆる計測技術を備えておりますので、設置と検収を簡単に行うことが可能となり、これにより最大限自動的にシステムを管理できるようになりました。工場で遠隔モニタリングの設定をした後、出荷されます。
InvenSor ActiVac
  ActiVac により常に最適な圧力を維持できます。メンテナンスは不要です。
LTC10 e plus - FC - フリークーリング機能付き
  FCタイプはフリークーリング機能により、さらに電力削減が可能になります。
外気温度が十分に冷えている場合、直接外気を使用し冷凍機の運転のために熱源を必要としません。

<性能比較曲線>LTC30 e plus
〔温水入口温度の違いによる冷却水温度毎の冷凍能力曲線(左)とCOP曲線(右)〕

〔温水入口温度の違いによる冷却水温度毎の冷凍能力曲線(左)とCOP曲線(右)
~どちらもHi-eFF(高効率)モード〕

〔冷水入口温度の違いによる温水温度毎の冷凍能力曲線(左)とCOP曲線(右)〕



★ パンフレットのダウンロードはこちら
〔総合カタログ〕  〔LTC10e plus〕  〔LTC30e plus



■■■■ お気軽にお問合せください! ■■■■


トリプルエーマシン株式会社<会社概要>

↑ ページトップへ

Copyright © Since 2007, AAA Save Energy, LLC. All Rights Reserved.